周りに流されず、自分の答えを見つけて

 

今回は東京都内の女子大学で教授をされている、O先生にインタビューをさせていただきました。

就職活動の後ろ倒しは、学生のためになっていない

先生は今年度の就職活動解禁時期の後ろ倒しについて、受け持っているゼミ生の様子を振り返りながら、次のようにおっしゃいました。

「当初は私も経団連が意図していたように、学生に勉学に力を入れて欲しいと思っていました。しかしふたを開けてみると、多くの企業が先走っていたので、学生たちは年が明けると就職活動を開始していました。なので実質的なスタート時期は変わっていないように思います」

「さらに、大手の内定が出る時期は遅くなったので、就職活動自体が長期化してしまった。そのため、卒業論文や定期試験などに手が回らなくなっているのが現状です。教授という立場から言わせてもらうと、あまりよろしくない。経団連に所属している一部の企業だけでやっていても意味がない。大企業と中小企業がもう少し連携して活動しないと仕方ない」

「企業側の体制がしっかり整っていなければ、学生側もそれにつられて翻弄されてしまう」

自分の売りになるインターンをしなさい

毎年多くの就活生を見てこられた先生に、今年の就活生にはどんなアドバイスをしたのか伺いました。

「とりあえずインターンに参加するだけでは意味がありません。1dayのインターンなどでは企業のお茶汲みぐらいしかできない。それで企業のことがわかるわけない」

「やるなら自分の売りになるインターンをしなさい。なによりも、大学時代に何かに全力で打ち込んだ学生を企業側は欲しています。採用側はそういう話を聞きたがっていると思います」

いろいろな職を経験することは、悪いことではない

また、3年以内に離職する人の多さについて伺うと、先生はこうおっしゃいました。

「今の若者は叱られることに慣れていません。親の代がモーレツ社員だったので仕方ない面はあるかもしれないですが。自分のことや過程のことを顧みず、仕事に全てを捧げて働いていた世代です。今はそうではない時代なので、自分の働き方を考えていろんな職を経験するのは、悪いことではないかもしれません」

「そもそも日本人は周りの人に流される傾向が強いので、就活も周りに流されてしている学生が多いです。自分の中でどうしたいか決まってないまま就職すると、自分の納得いくところにはなかなかたどり着けないでしょう」

自分の納得する企業に行きたいなら、周りに合わせていてはいけない。これは就職活動だけでなく、日常生活にも当てはまると思いました。自分のやりたいことを、周りに流されずに見つける必要があるということに気づかせていただいたインタビューでした。

O先生、ご協力ありがとうございました。

RESEARCHER
SSI 上田 祥一朗  Shoichiro Ueda
SSI 上田 祥一朗  Shoichiro Ueda
明治大学商学部の3年生です。就活を控えるこの年にいろいろな人に出会い、就活の話をお聞きしています。この経験をフル活用して、僕らしい方法で就活を辛いものではなく楽しいものにできたらと思っています。楽しんだもん勝ち、これをモットーに、調査も就活もSSIのミュージカルも楽しみたいです。
フキダシ
就職リサーチにご協力いただける方を募集しています。
みなさんの就職体験談などもお寄せください。
Research フォーム