忍び寄る就活の空気

 

今回リサーチさせていただいたのは、明治大学国際日本学部 3 年生の R ・ F さんです。

自分を見つめきれないと、心は外を向いてしまう

Fさんは今年の 10 月上旬から自己分析を開始しました。
「自分がどういうときに嬉しい、悔しいと感じるのかがわかるように、小学校時代から振り返ってみましたが、時間と労力はかかるが正解が見えてこず、行きづまっています」とおっしゃいました。
さらに、体動連の陸上部やゼミの活動で忙しく、インターンシップや SPI 対策などにもまだ手が回っていないそうです。
「他人が今どういう行動をとっているのかが気になるため、友達に会うと質問したくてたまらなくなります。『インターンシップ申し込んだ?』とか『いくつくらい?』『SPI とか ES の対策ってもうやってる?』とか。『もうやってるよ』『もう本を買って解いてみた』『テストに申し込みしてみようと思ってる』という返事が多いですね。学校や街でばったり会った先輩に質問することも多くて、『就活のために何かしておくことってありますか?』と訊くと、『SPI は今のうちにやっておいたほうがいいよ』『自分が行きたい業界は調べておくといいよ』などと言われますが、よくわかりません」
そう語るFさんの言葉からは焦りの色が感じられました。

さらに、 Fさんは現在、「このまま就活をするか、それとも 4 年生から教職を取り、大学院に進学しつつ教員を目指すか、どちらの道を選ぶべきか」という悩みを抱えています。
1, 2年次に教職課程を取っており、 3 年生で一度はやめてしまったのですが、また取り始めようかと思うようになりました。
さらに、自分を振り返ったとき、「営業などの利益を上げる仕事は自分に合わないのではないか」という思いも芽生え、余計に悩みを深くしていると言います。

目の前のことで忙しく、なかなか就活に手が回らず、自己分析で自分を把握している最中で、しかも就活以外の道も考えている状態。そんな中、同期の仲間たちは着実に先へ先へと進んでいる。
結果焦りが生まれ、自分を見つめきれないまま外へアドバイスを求め、次の段階のアドバイスを受け、よくわからずまた焦る。そんな循環を感じました。
就活では自分を知ることがすべての土台になると改めて思いました。

ある時急に来るのが怖い

友達からインターンシップの話がよく出るのを聞いて、自分たちの代になって急にインターンシップが増えたと感じたというFさん。
「大学2年生まで、インターンシップは遠いものでした。でも、3年生になったら急に身近になったように感じて、だんだんと就活の雰囲気に染まりはじめているのがわかります。これから一気に就活の空気が濃くなり、2~3月になったら大学にリクルートスーツが溢れかえるんだろうなと思うと気が重いです。それは高校2年生からだんだん大学受験の空気を感じはじめ、高校3年生のある時を境に教室が受験一色に染まるのに似ていると思います」と語っていました。

何でもそうですが、急激な変化とは多かれ少なかれ、場に混乱を生むものなのでしょう。
それに対し怖れを抱くことは人間であれば当然だと思います。
今より一層、焦りを大きくしやすい空気の中で、いかに焦らず、ひとつひとつのことを丁寧に積み上げられるか。 それが大切だと思いました。

日本独特の「新卒一括採用制度」。
皆に同じ時期に、等しく訪れるもので、就活生は同時期のスタートを余儀なくされます。
しかし、人生で積む経験は人それぞれ。
就活への準備ができているかどうかもまた人それぞれ違います。
「就活の時期が来たから」と慌てるのではなく、常日頃から自分がどういう人間なのかを見つめ直す必要があると思いました。
そして、一斉にスタートを切るからこそ、周りの空気や進捗状況に飲まれず、自分のペースを守ることが重要であると感じました。
スタートは同じでも、就活はあくまで「自分に最適な仕事を見つけるため」のもの。 渦中にいるF さんの姿から、改めてそれを感じさせられました。

RESEARCHER
SSI 藤井健史 Takeshi Fujii
SSI 藤井健史 Takeshi Fujii
2013年に明治大学を卒業し、現在は自分の道を模索しています。卒業後、食品の会社に入社しましたが、自分に合わないと感じ 1年で退職しました。 そんな「会社とのミスマッチ」を経験する人がひとりでも少なくなるように、調査に励んでいきたいと思います。
フキダシ
就職リサーチにご協力いただける方を募集しています。
みなさんの就職体験談などもお寄せください。
Research フォーム