いま日本で起きている現象

いま日本には、「働くこと」についてのさまざまな問題があります。

その中でも「就活自殺者の増加」「入社3年以内の離職率の増加」「若年無業者の増加」という問題は、“未来を担う若者”に関わる深刻な社会問題になっています。

 

ssi_data_01

 

若者と社会の間の「就職戦線」に、いまなぜこれほどの問題が起きているのでしょうか。
専門家によってたくさんの議論がなされています。国も政策としていくつもの取り組みをしています。ですが未だ問題は解決されていません。

「就職にはもう関係ない」「就活?大変そうだね」という人も多いかもしれません。「働くことにはもともと苦労はつきものだ」という声もよく耳にします。

ですが、それがたとえ一部の若者の声であったとしても、このような調査結果は、就職や働くことに関しての社会全体の歪みの現れには違いありません。

仕事、働くことにまつわる問題は、若者がとか会社がといった部分的な問題ではなく、「働く」という、人や社会全体にとっての大きなテーマが関わっています。
このまま「一部の人だけの一時の問題」として、未解決のままでいいのでしょうか?

 

身近な友人が深く傷つく姿を見たり、自分自身もそんな経験を持つ学生や社会人が、「ここまでのことになるのは何かがおかしい」「もっと自分たちにできることはないだろうか?」と、この問題の解決に本気で取り組もうと集まったのがSSIのはじまりです。

これまで、古今東西たくさんの人たちが考えてきた「働く=生きる」ということについて、わたしたちも行動しながらよりよい答えを見つけていきたいと思います。

 

SSIとは?

わたしたちSSIは、目の前で起きている“就職戦線の異常”を解決するために活動する団体です。
この問題の当事者である若者が中心となり、たくさんのみなさんのご支援をもとに活動しています。
一過性の取り組みではなく、継続的に活動し、この問題をひとりでも多くの方と共有することが、問題解決の鍵になると考えています。

SSI  就職戦線異状アリ

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町1-11-804
お問い合わせ:info@shushokusensenijoari.org