“就職活動”にまつわるさまざまな問題をテーマに
「働くこと」とは何かを問うオリジナルミュージカル!

『就活ミュージカルプロジェクト』は、大学生と若手社会人が各分野の第一線で活躍するプロとともに、本格的なオリジナルミュージカルを制作・上演するプロジェクトです。

“就職戦線”を正常化するための第一弾プロジェクトとして、ミュージカルという誰もが楽しめる表現手段を使って、社会全体でこの問題を一緒に考えるきっかけをつくります。

キャストは、全くの初心者、アマチュア、セミプロ、プロという幅広い層から、多彩な個性が集結。
脚本や音楽、振付、演出に加え、歌唱、ダンス、演技の指導や、美術、照明、音響など、ミュージカルの舞台をつくりあげるのに欠かせない技術は、この活動に賛同したプロの方々に提供いただき、クオリティの高い作品づくりを実現します。

また、「就活ミュージカル制作実行委員会」を発足し、事前のレッスンやオーディション、稽古、イベントの実施、資金調達、集客、広報を、大学生と若手社会人によるスタッフが運営。
プロジェクトの仕事をとおして、チームワークやコミュニケーション力、情報リテラシーなど社会人としてのスキルも磨いていきます。

このプロジェクトの目的は、“社会全体でいまの就職戦線の状況に目を向けること”。
より多くの人に注目いただけるよう、一同心を込めて取り組んでいきます。

-Message-

世の中には、学校で解決方法を習わなかったたくさんの課題があります。
そんな場所に突然出ていく若者が戸惑いを感じないわけはありません。

それは実はもっとずっと長く生きている大人でも同じです。
社会はめまぐるしく動き、個人の力ではどうにもならない大きく激しい流れもあります。

けれども人は、自分の意思によって他人と力を合せることや、新たな知恵を試してみることもできるのです。

ひとりでは手に余ることを抱え込むのではなく、周りの人たちと一緒に解決していくことができれば、超えられないような大きなハードルも、達成の喜びを得るための課題になります。

働いて生きる人生は、そのようなハードルの連続です。
そして、それを超えていくための豊かな時間がたくさん用意されているのも事実です。

ミュージカルという少し変わった視点の中で、人がどう働き、そのハードルを乗り越えていくのかをぜひご一緒に考えてみてください。

制作のプロセスから本番まで、このサイトでも随時取り組みの様子をお目にかけます。
どうぞみなさまも、さまざまな形でこのプロジェクトをお楽しみください。